2019年度【卒業制作展訪問】JIDA中部ブロックデザイン賞のご紹介|JIDA中部ブロック公式サイト                     

2019年度【卒業制作展訪問】JIDA中部ブロックデザイン賞のご紹介

公益社団法人日本インダストリアルデザイナー協会
中部ブロック・次世代事業委員会
委員長 岡田 心

◆2019年度【卒業制作展訪問】JIDA中部ブロックデザイン賞のご紹介◆

中部ブロック・次世代事業委員会では、2019年度もデザイン系大学卒業制作訪問(卒展訪問)を開催し、各学校毎に優秀な作品を選定し表彰しました。

2019年度のJIDA中部ブロックデザイン賞は以下の方々です。

2019年度JIDA中部ブロックデザイン賞

■名古屋学芸大学
 2020年1月18日(土) 会場:愛知県美術館ギャラリー8F



最優秀賞:森 大輝「IoTを使った新しいボルダリングジム」


評価コメント:
ボルダリングのトレーニング時に用いるウエアラブルなツールの提案で、自身の経験から必要とされるセンシングディバイスを複数選定し、スポーティーなスタイリングでまとめられており、その完成度とセンスの高さが評価された。スポーツシーンでは、センサーと通信技術の進化で可能になったデータの分析から様々なメソッドが創出されており、デザインへの期待値も高い。
益々の展開を期待したい分野である。(文責・後藤規文)

優秀賞:鈴木 佑「あべこべ・アボガドライフ」


評価コメント:
ポジティブな生活を送るためのブランディングで、アボガドをモチーフにデザインされたキャラクターやプロダクトは発想も個性的で、周りを和ませるプレゼンテーションも含めて、彼女の推進力が評価された。完成度はさておき、好きなことをやりぬいた彼女からもらった元気は
アニメやゆるキャラのブランディングを行う上で基本的な力なのかもしれない。(文責・後藤規文)

 

 


 

※椙山女学園大学と愛知産業大学の卒業制作展訪問は、都合により本年度は開催しませんでした



主催:(公社)日本インダストリアルデザイナー協会・中部ブロック
協力:セントラル画材株式会社

 

 

更新日:2020.01.20 (月) 12:30 - (JST)]
アーカイブ利用規約サイトマップお問い合せログイン