JIDAデザインセミナー&デザイン相談:2021年8月の予定|JIDA中部ブロック公式サイト                     

JIDAデザインセミナー&デザイン相談:2021年8月の予定

 

この度、Nagoya Musubu Tech LabにてJIDA会員によるインダストリアルデザインセミナー&デザイン相談を開催します。 ぜひご参加ください。
申込方法については
こちらです。

 

JIDAデザインセミナー____________________________________________________________

OEMからODMへ
VUCAの時代において、生き残るために中小企業が必死に模索しつつある。
自社ブランドを立ち上げ、事業形態をB2BからB2Cへシフト、このように考えている企業は少なくありません。しかし、いきなり変身して成功した事例は多くありません。
企業の文化や体質、組織を徐々に調整する必要があります。まず下請けのOEM生産から、開発力・デザイン力を高めてODM生産へ進化します。最後に自社ブランド商品を立ち上げれば成功する事例をご紹介します。


講師:
黄 ロビン
名古屋学芸大学 教授

プロフィール
台湾生まれ。台湾国立成功大学、筑波大学大学院を卒業。
家電メーカーのインハウスデザナーを経てデザイン事務所を立ち上げ、数多くの台湾中小企業と携えてきた。 台湾実践大学、台湾大葉大学、国立研究所ITRI特別研究員、東北芸術工科大学を経て、平成16年から現職に。
日本デザイン学会(JSSD)支部長・理事、日本インダストリアルデザイン協会(JIDA)理事、中部デザイナー協会理事など歴任。



日時:2021年8月26日(木)14:00~15:15
       セミナー終了後、無料のデザイン相談を開催します
会場:名古屋市工業研究所内 Nagoya Musubu Tech Lab

会場参加の定員:10名(参加費無料)
申込・問合せ先: musubu_lab@nmiri.city.nagoya.jp
      オンラインによるリモート参加も可能です
      タイトルは「8月26日セミナー申し込み」として、本文に名前、所属、連絡先をご記入ください。
  リモート参加希望の方は「リモート参加」と明記して申込ください。後日、接続先URLをご連絡します。

 

主催:名古屋市工業研究所
共催:公益社団法人日本インダストリアルデザイン協会・中部ブロック

 


※当日は感染対策を行ったうえで実施します。ご理解とご協力のほど、よろしくお願いします。
【参加される方へのお願い】
・体調不良(発熱、咳等の風邪症状)の方及び、研修当日より過去14日以内に新型コロナウイルス感染症の陽性と判明した者との濃厚接触や、身近な知人の感染が疑われる場合は参加をお控えください
・手指の消毒、手洗いの励行をお願いします
・研修施設内ではマスクの着用をお願いします
・会場内における身体的距離の確保にご協力ください
・会場では、室温の変化に対応できるように衣類の準備をお願いします
・参加中に体調不良になった場合、速やかにお申し出ください
・お持ちになったペットボトル等のごみはお持ち帰りいただくようお願いします
・休憩中等は会話は控えめにしてください

※新型コロナウイルス感染症の拡大状況等により開催を中止・変更させていただく場合があります。
※万が一感染者や感染疑いがある者が発生した場合に、保健所等に参加者の情報を提供する場合があります



Nagoya Musubu Tech Labは市工研施設内にFabLabを併設した多目的スペースで、「テックスタートアップにあたたかい『ものづくり空間』の提供」をコンセプトに技術系スタートアップ企業などの支援拠点を目指しております。JIDA中部ブロックもこの施設を用いた定期的なイベントを開催し、ものづくり系企業とプロダクトデザイナーが気軽に情報共有できる場所にしたいと期待しております。

更新日:2021.08.04 (水) 09:36 - (JST)]
アーカイブ利用規約サイトマップお問い合せログイン