プロダクトデザイン相談:2021年2月の予定|JIDA中部ブロック公式サイト                     

プロダクトデザイン相談:2021年2月の予定


名古屋市工業研究所内に新設されました「Nagoya Musubu Tech Lab」において、月2回のペースでデザイナーによるデザイン相談室を開催します。
担当デザイナーは以下の予定となっています。

相談会は無料ですが、事前に予約が必要となります。
申し込みの詳細は名古屋市工業研究所Webサイトをご覧ください。

先着順となりますので、ご希望に添えない場合もございます。
当日15時より担当デザイナーの実績などを紹介する時間を設けております。
こちらも事前予約が必要です。定員10名、応募者多数の場合は抽選とさせていただきます。

2021年2月のプロダクトデザイン相談室

日時:令和3年2月19日(金)13:30~17:30
会場:Nagoya Musubu Tech Lab(名古屋市工業研究所 電子技術総合センター1階)

15時よりデザインセミナーを開催します。
テーマ「岡山県における中小企業へのデザイン支援と課題について」


担当デザイナー:
森下 眞行
モーリスデザイン研究所(MDL)代表

プロフィール
金沢美術工芸大学卒業、ブラザー工業(株)にて、情報機器から産業機器まで幅広くプロダクトデザインを担当し、国内外のグッドデザイン賞多数受賞。環境コミュニケーション分野では、中部デザイン団体協議会(CCDO)特別賞受賞。その後、岡山県立大学デザイン学部教授に転身し、デザイナー教育及び中小企業等での商品開発及びデザイン指導を手掛け、現在は瀬戸市にて、モーリスデザイン研究所を主宰。中部デザイン協会正会員、岡山県立大学名誉教授。

主催:名古屋市工業研究所
共催:公益社団法人日本インダストリアルデザイナー協会・中部ブロック


※当日は感染対策を行ったうえで実施します。ご理解とご協力のほど、よろしくお願いします。
【参加される方へのお願い】
・体調不良(発熱、咳等の風邪症状)の方及び、研修当日より過去14日以内に新型コロナウイルス感染症の陽性と判明した者との濃厚接触や、身近な知人の感染が疑われる場合は参加をお控えください
・手指の消毒、手洗いの励行をお願いします
・研修施設内ではマスクの着用をお願いします
・会場内における身体的距離の確保にご協力ください
・会場では、室温の変化に対応できるように衣類の準備をお願いします
・参加中に体調不良になった場合、速やかにお申し出ください
・お持ちになったペットボトル等のごみはお持ち帰りいただくようお願いします
・休憩中等は会話は控えめにしてください

※新型コロナウイルス感染症の拡大状況等により開催を中止・変更させていただく場合があります。
※万が一感染者や感染疑いがある者が発生した場合に、保健所等に参加者の情報を提供する場合があります



Nagoya Musubu Tech Labは市工研施設内にFabLabを併設した多目的スペースで、「テックスタートアップにあたたかい『ものづくり空間』の提供」をコンセプトに技術系スタートアップ企業などの支援拠点を目指しております。JIDA中部ブロックもこの施設を用いた定期的なイベントを開催し、ものづくり系企業とプロダクトデザイナーが気軽に情報共有できる場所にしたいと期待しております。

更新日:2021.01.11 (月) 17:36 - (JST)]
アーカイブ利用規約サイトマップお問い合せログイン